条件で見る太陽光発電の発電効率と導入コスト

太陽光発電は一律に同じ面積のパネルを使うのではなく、当然各住宅に適した形で設置を行います。そのため住宅によっては屋根の形状や周辺環境など様々な点が影響し、場合によっては期待する発電量をカバー出来ないというケースもあるので、事前に将来的な発電量をある程度見積もっておくことが大切です。

ここではそうした各住宅毎の発電効率を見るために、太陽光発電に適した住宅の条件を見ていきましょう。

まず条件として知って頂きたいのが周辺環境です。例えば近くに大きなマンションが日差しを遮るように建っていたり、住宅が密接していて日照時間が短かったり様々な条件が考えられます。

また屋根の傾斜も最も理想的なものは傾斜30°で南向きの屋根となりますが、こうした条件に全て当てはまる状態の発電効率を100パーセントとした場合には、どうしても東向きや西向き、さらには傾斜角度が20°などの場合には発電効率が落ちてしまいます。

しかし、これらはあくまでも太陽光発電のパフォーマンスを最大限発揮することを前提とした条件なので、一般的な家庭レベルにまで話を戻すと、必ずしもこれらの条件を全て満たす必要はありません。例えば南向きの発電効率が100パーセントだったとしても、東向きならば85パーセント程度とそれほど致命的な不一致とはならないので、十分検討出来るレベルになります。

また設置時のコストを抑えるためには屋根の材質も条件として考慮する必要があります。日本の住宅ではまだまだ瓦屋根が多いですが、これはストレート屋根に比べると工事費用が一割から二割程度割高になってしまいます。

これは施工技術の問題ですが、もちろんこうした瓦屋根でも太陽光パネルを設置することは可能なので、これで諦めるという必要はありません。

しかし、太陽光発電を導入する際には初期コストをどの程度で回収出来るかという目線が重要なので、業者による見積りやご自身で試算する場合にはこうした屋根の材質毎の費用も意識しておく必要があります。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です