我が家もいよいよ太陽光発電デビュー!

子供が生まれ、アパート暮らしからそろそろ戸建てにしようかと主人と話し合い1年ほど前から建売住宅を探し始めました。そして気に入ったお家はオール電化、太陽光パネルありでお値段もそこそこ。即購入しました。そして住み始めて早半年、太陽光パネルが大活躍してくれています。

そもそも私たちは住宅購入に当たりオール電化、太陽光パネルありというのはあったらいいな程度でそこまで視野に入れていませんでした。だってその分値段もかなり高くなるし、太陽光パネルの必要性をそんなに感じていなかったからです。

しかし実際に住み始めてみてそんな考えは一気になくなりました。なんと光熱費がアパートに住んでいたときと比べて半額以下になったのです!驚きました。

アパートに住んでいたときよりも部屋数は多いし、子供がいるため夜もエアコンをつけっぱなし、なおかつオール電化なためお風呂もご飯も全部電気で作ります。

そのためかなりの額が電気代として飛んでいってしまうのだろうと内心ひやひやしていました。しかし電気代の明細書を確認すると確かに電気消費量はアパートにいるときと比べてかなりあがっていたのですが、太陽光発電のおかげで使った分の半額以上が売電されていたのです。

このとき住宅購入の際に太陽光パネルが乗っている家を選んで本当に良かったと思いました。

太陽光パネルが乗っているだけでこんなにも差が出るなんて正直思っていなかったです。私の家は南道路で太陽光を遮断するような大きな建物は立っていないため発電するのに向いています。

これからどんどん日照時間も長くなっていくのでますます太陽光パネルが活躍してくれることでしょう。もしかしたら買電よりも売電のほうが上回るときが来るのではないかと、今からわくわくしています。

もしも今後家を買う予定がある方は太陽光パネルとセットで考えていったほうが絶対に良いです。これから電気の自由化も始まりどんどん電気料金は下がっていくでしょう。そのときに太陽光発電ができれば電機は買うのではなく、自分で作るようになっていくこと間違いなしです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です