太陽光発電のメリット・デメリット

まず太陽光発電とは一体どのようなものなのでしょうか。
太陽光発電とは太陽の光エネルギーを利用した発電システムです。石油や石炭、天然ガス等の資源と違い、
太陽が存在する限り、枯渇することがありません。

そのため、エネルギー資源の確保が容易な太陽光発電は、企業のみならず、一般の住宅にもその利用は広がり、
太陽光発電を取り入れる家庭も年々増えています。

では、太陽光発電を導入するメリットはどこにあるのか、見ていきたいと思います。

一番のメリットとしては、何より環境にやさしいことが挙げられます。
太陽光発電は太陽エネルギーを利用し発電するため、二酸化炭素やその他の有害物質を排出しないため、
とてもクリーンなエネルギーです。

二つ目に、一般住宅にも設置できるという点です。
騒音や有害廃棄物が出ないため、一般の住宅にも設置することが可能です。主に設置する屋根や屋上などの
広さに合わせてフレキシブルに太陽光パネルのサイズを対応出来るため、様々な仕様に合わせ導入できるメリットがあります。

三つめは経済的便益です。
自分の家で発電した電力は勿論無料で自分の家庭で自由に使うことが出来ますし、余った場合についてはその余剰分の電力を電力会社に売電することが出来ます。
上手くその利点を利用すれば、月々の電気代も大幅に節約できます。

最初にメリットを挙げましたが、やはりデメリットも存在します。それもご紹介します。

最大のデメリットとしては、設置費用が結構掛かるという点です。
太陽光発電は投資とよく似ています。どのくらいの費用を掛け、どのくらいのリターンがあり、何年で元手を回収できるのかということを考慮しなければなりません。
大体、一般家庭として平均的な4kWの発電システムの投入で大体百万~数百万程の費用が掛かります。
地方自治体からの補助金や売電の計画などもしっかり考慮した上で導入されることが望まれます。

次に発電が天候に左右されやすいという点です。
曇り空や、雨が降っていたりすると、発電能力は晴天時と比べ低下してしまうため、電力供給の安定の確保が相対的に難しくなります。

その他にも、工事やメンテナンスの必要性等も係ってくるため、そのようなことも考慮する必要があります。

しかし、導入がこれほどまでに広がっていることから見て分かる通り、やはり太陽光発電は非常に魅力的な発電システムということに違いはありません。しっかりと下調べをした上で、自分の環境にあった最適なスタイルで太陽光発電を導入することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です