太陽光発電にはある程度の広さが必要ですが

太陽光発電をするためには、それなりの大きな敷地が必要になるというのが現在の常識となっています。そうなると、日本国内にどれくらい設置できるのかなという気がしないでもありません。

北海道の様に広い空き地があるような所であれば問題はないのですが、東京やその周辺などですとかなり難しいのではないでしょうか。遠方から電線を引っ張って来るという発電方法もあると思いますが、その場合ある程度の電力をロスしてしまう事になります。

ただ、その様な事を言いつつも全国的にそれなりに空き地というものは存在していますから、それほど太陽光発電所を作るというのは難しいことではないと思います。

これらのメリットは挙げたらキリがないですが、例えば特別広くなくても構わないというのがあると思います。火力発電所などですと、ある程度大きくして効率というのを高めなくてはいけない事になりますが、こちらはそこまで大きくしなくても良いというのがあると思います。

また、状況が変わればその様な広い敷地面積を必要としなくても良いという太陽光発電所が続々誕生するという事も考えられるでしょう。つまり、現在使われている太陽光パネルを薄くすればいいという事なのです。

そうする事によって従来では考えられなかったような使い方も出てくるはずです。単に並べるだけ以外の効率の良いパネルの設置方法というのが研究される事でしょう。

例えば高層ビルの壁の全てを太陽光パネルにするという様な具合です。

巨大な高層建築物にもなると、その面積たるや凄まじいものがあります。

それだけで並みの太陽光発電所を上回るような面積になるのではないでしょうか。垂直方向に設置するというのはそれなりにリスクもあると思いますが、これも今後の研究が進むことによって解決へと向かうと考えられます。

もちろん現状のままでは重すぎて負担が重き過ぎると思うのですが、今後軽量化が進んで簡単に設置できるようになれば具体的な話を進める段階へと移行するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です