住宅用太陽光発電を購入する前に知っておきたいこと

住宅での太陽光発電の導入にはメリットとデメリットがあります。まずはメリットからみていきたいと思います。1つ目のメリットは2016年現在、ソーラーパネルや設置費用などが安くなっているので初期費用が安くなっているということです。2つ目のメリットは、自治体によっては独自の補助・助成制度があるため、費用が安く抑えられる可能性があることです。

3つ目のメリットは、自前で発電するため電気代が低く抑えられることです。特にオール電化の家なら、メリットはかなりあります。一方で太陽光発電は夜間の発電はしないため、発電しない時間帯があります。また電気の使用量が発電量より多くなった場合も電気代が発生する可能性があります。しかし、蓄電池を設置することで購入する電力は減るため、電気代をより抑え売電量を増やすことも可能です。一方で蓄電池は交換や設置スペースが必要になるなどのデメリットもあります。

4つ目のメリットは、余った電力を売れるため売電収入を手に入れられることです。5つ目のメリットは、災害時や停電時にも電気を使える可能性が高まることです。6つ目のメリットは故障するリスクが減っていることと電気への変換効率が上昇していることです。7つ目のメリットは、ソーラーパネルには断熱効果があるため、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

1つ目のデメリットは、売電価格が減少傾向にあることです。また政府の固定価格買取制度も今後どうなるのかわからないので、売電収入への期待はあまりしないほうが良いかもしれません。ただし今後政府が方針を転換して、売電価格の引き上げを検討した場合には売電収入は増えます。

2つ目のデメリットは、設置費用が安くなってきているとはいえ初期費用に100万円は掛かることです。3つ目のデメリットは発電量が不安定であることです。太陽光発電は天候や屋根の向きに発電量が大きく作用されます。

3つ目のデメリットは、維持管理費が必要なことです。ただし契約内容によっては20年間維持管理費が無料なところもあります。4つ目のデメリットは、雨漏りと反射光です。ただし、良心的な業者では雨漏りや反射光のトラブルはほとんどありません。

5つ目のデメリットは、降雪によるトラブルです。太陽光パネルで雪が滑り、その雪が車のボンネットをへこませるなどのトラブルも起きています。降雪地帯では注意が必要です。6つ目のデメリットは、契約内容のトラブルや公式の出力と実際の出力の間に差があることなどが揚げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です