太陽光発電の歴史

最近まで注目されることがなかった太陽光発電ですが、原理は知っているがいつから太陽光発電という形が出来たのか知っている人も少ない事でしょう。
太陽光発電はどういう風に作成される事となったのでしょうか?

時は、1839年偉大な発明家トーマス・エジソンが生まれる8年前にアレクサンドル・エドモン・ベクレルという物理学者が太陽光発電の原点にもなる、金属の板を用いて太陽光を照射する事により電気が発生するメカニズム、通称光発電の原理を発見しました。

しかし、光発電の原理が行えるだけで直接発電した電気を貯蓄する現代の電池の様なものはアレクサンドロは物理学者の為、発明する事が出来ませんでした。
そのから月日は流れ、1883年アメリカの発明家チャールズ・フリッツの手によって太陽電池の起源とも言われている発明品、セレン光起電カセルを発明しました。

この状態で言ってしまうと、1900年を目途に太陽光発電の起源ともなる太陽発電の実用化が実現するかもしれない可能性があったのですが、チャールズの発明品セレン光起電カセルは変換効率が著しく悪く、電力用に変換することができる電気は1~2%にも満たない程度で、太陽光発電での実用化はできませんでした。

しかし、1954年に偶然ながらもトランジスタの研究課程において、アメリカのベル研究所でセレン光起電カセルに変わる太陽電池が偶然発明されて、シリコン製の太陽電池を完成させることが成功しました。

しかし、54年当時の太陽電池は現代の電気の数倍高い金額で製作されていた為、一般販売は行われておらず特定の用途のみに使用されることとなっていました。
特定の用途とはすなわち人口衛生の電力供給の為に使用される事になったり、大統領の官邸での第二非常用電力に使用する等、敷居の高い存在で使用されていました。

今現在でも起源ともなるシリコン製の太陽電池は一般販売用にも販売されている事から、太陽光発電の歴史とは最先端の技術を使用している割に、古くから活用されている発電方法でした。

カーポートにも太陽光発電を設置することが可能です→http://sowelunieco.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.